本文へスキップ

梅毒検査キット

梅毒検査キット

梅毒とは?

梅毒とは、トレポネーマ・パリダと呼ばれる細菌に感染することにより発生する性感染症です。

梅毒の特徴は、症状が現れない潜伏期と症状が表れる顕症期を何度も繰り返しながら症状が悪化して行くことです。

早期治療を行わなければ、脳の障害や鼻の陥没など、色々な後遺症が残る場合があります。

また、梅毒患者は、HIVにも感染しやすい状態となり、非常に危険な状態であるといえます。

どうやって梅毒に感染するの?

感染経路としては、主に性行為ですが、粘膜や皮膚の小さな傷から感染するため、キスや食器やタバコなどを媒介しての感染例や梅毒患者の血液の輸血による感染例もあります。

また、梅毒に感染した女性が妊娠するとお腹の子供も梅毒に感染するため、妊娠すると梅毒検査を行うことを母子保健法で義務付けられています。

梅毒の初期症状は?【第1期】

梅毒には潜伏期間があり、感染してから3週間は何も症状が現れません。

一度目の症状が表れるのは、感染した3週間後から3ヶ月の間です。この段階での症状としては、細菌が侵入した部位に大豆ほどのしこりができることです。

しかし、このしこりには痛みやかゆみなどの症状がないため、気が付かない人もいます。

もし、この段階で梅毒の兆候を見逃すと、しこりも消えて治ったかのように梅毒は潜伏期間に入ってしまいます。

つまり、感染に気が付かないまま病気が水面下で進行することになり、簡単には治らなくなってくるのです。

この梅毒の第1期と呼ばれる段階であれば、治療により簡単に治ります。

少しでもおかしい症状を感じているのなら迷わず梅毒検査を受けて、はっきりとさせることが大切です。

梅毒の治療しなければどうなるの?

近年では抗生物質により菌を死滅させることができるため、早期発見の場合はすぐに完治します。

しかし、治療しなければ知能の低下や歩行障害、心臓病などを引き起こし最悪死に至ります。

少しでも気になる人は、梅毒検査を受けることが何よりも大切です。

梅毒検査と同時に他の性病も調べてもらいましょう。

梅毒に感染している可能性があるのなら、その他の性病に感染している可能性も否定できません。

しかし、病院で色々な種類の性病検査を行うと、費用も高額で検査時間も長時間になります。

郵送検査なら安い費用で検査を行うことができますので、同じ検査をするのなら一度に色々な性病検査が行える検査キットを選ぶ方がよいでしょう。